FC2ブログ

2021年も何とかやってる。

2021年台湾はの輸出は無事に行うこともできた。


明らかにバーゼル事前相談も厳しく


より明確な資料の要求もあります。
でも弊社は頑張るだけ!

スポンサーサイト



廃プラスチック買取強化!

2021年に入り、廃プラスチック輸出においては
特定有害廃棄物に輸出規制を設けるなど大きな変動がありました。
弊社も特定有害廃棄物類に属するPVCの輸出ライセンス的なものの申請に入っています。
その他、アクリルなどの樹脂板に対しては、紙の保護マスキングフィルムは全て剥がさないと輸出できないなどの規制もあり、弊社でも対応に追われている状況です。
ただでさえコロナ禍での経営悪化を強いられてる状況で、何で今この条例を発動させるかな⁈って毎日愚痴ってますけど…
ますます経営悪化が進んでしまう…
飲食業ばかり支援策出てますけど
うちらも大変なんだけど…
目に見えて分かるところしか政府も対応してないですけど…
ますます納税するのも嫌になりますけど、今年もボチボチ頑張ります。
以上宜しくお願いします!

PVC再生材の将来は?

2021年日本の輸出規制によって
PVC再生材はOECD加盟国にしか輸出出来なくなる…
アジアでOECD加盟国は日本と韓国
だから韓国に輸出はできる
しかし、韓国国内のPVC需要は減少するうえ
規制もある
環境省は、非OECD国への輸出するための許可制度を設けている
現在弊社も申請中ではあるがハードルが高過ぎる!
提出書類は、むしろ国内の物より、
相手国consginee側の書類の方が多くて難関…
日本国内の大手企業でも揃えるのに苦労するほど…
もはや、廃プラスチック関連の輸出をする企業を撲滅する為の政策とも取れる…
台湾の顧客からの話しで
日本で言う環境省
台湾行政環境保護局の方が
何故、荷受国が輸入すると言ってる廃プラスチックを
あえて厳しい条例を作って輸出しないの?
謎だね?
日本のリサイクル能力で処理できるのだろうか?
まだまだアジアや東南アジアやインドの近隣国にリサイクルを助けてもらわないとダメなんじゃないの?
ゴミの島ニッポンにしたいの?
と心配してくれているようです。
日本政府は自国のリサイクル能力の低さを理解していないのでは?
こんな事は、既に日本のリサイクル業をしてる方でも理解している事ですが…
まあとりあえず2021年も上手く商売できる事を祈りつつ、
いろんな動きを確かめて弊社も動くこととします。



インドが熱い!

インドへのプラスチック再生材を輸出する企業がココ数年増えた!


我が社もその一つ


しかし、通関事情が思いのほか厳しいと思う


とにかく、BLの記述内容にもconsigneeから厳しく指示がある


その為、インド向けの輸出を敬遠する企業も出て来てるのは事実


輸出規制もあるので
これから将来はどうなるか?

Acryl大好きです!

弊社は、アクリルリサイクル材の輸出を初めて11年になります。
東南アジアやインドなどの顧客に販売しています。
日本国内にも多くのサプライヤー様と取引しているおかげで、日本の良品質のアクリル再生材を世界に送り出し、そしてそれらが新たなアイテムに生まれ変わっています。
事業もコロナ禍でダメージはありましたが
このアクリル再生事業だけは止めるわけにはいきません!

広告G

最新コメント

最新トラックバック

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

リサイクルラボ

Author:リサイクルラボ
FC2ブログへようこそ!
滋賀県の辻リプラです。

広告1
お天気!
お問い合わせ!

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
facebook
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
新着商品!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR